予防歯科

子供の成長にあわせたお口のケア

生後6か月〜7か月頃

歯の様子
下の前歯がはえてくる

お家でのケア
水を含ませたガーゼやコットンで歯を拭いてあげる

1歳ころ

歯の様子
4〜8本の前歯が生える

お家でのケア
歯ブラシに慣れさせるために持たせます。
*事故が起こらないよう保護者の監督下で行ってください

1歳半

歯の様子
乳歯の奥歯が4本と上下の歯が12本生えてくる。

お家でのケア
自分で磨こうとします。一緒に磨くことで歯磨きが習慣化します。
前歯の歯の間の隙間が狭い場合はデンタルフロスまたは糸ようじを使って下さい

3歳ころ

歯の様子
2歳半頃、20本すべてはえ揃う

お家でのケア
自分で磨く練習を始める時期です。お母さんは手伝って、最後に仕上げ磨きをしてあげて下さい。この時期からデンタルフロスを使い始めましょう。

5歳ころ

歯の様子
下の前歯が抜けて永久歯が生え始める

お家でのケア
1日3回(朝昼夕)を習慣づけましょう。
仕上げ磨きで磨き残しのチェックをしてあげて下さい。

6歳ころ

歯の様子
上下の前歯4本ずつと奥から6歳臼歯という歯が生えてくる。

お家でのケア
6歳臼歯は溝が深いため食べかすがたまりやすく虫歯になりやすいので丁寧に磨くようにしましょう。お母さんの仕上げ磨きも念入りにして下さい。

9歳〜10歳ころ

歯の様子
残りの奥の乳歯が生え変わる時期。

お家でのケア
仕上げ磨きも卒業するころです。しっかり磨けているかチェックしてあげましょう。

12歳ころ

歯の様子
1番奥の12歳臼歯が生える。永久歯が生えそろう。

お家でのケア
自分でデンタルフロスを使う練習を始める時期です。

6歳臼歯について

6歳頃生えてくるので6歳臼歯と呼びます。最初に生えてくる永久歯で最も大きく噛む力が強いです。

全部出てくるのに約1年かかります。生えはじめは、手前の乳歯より背が低いので気がつかなかったり、歯ブラシが届きにくかったりして虫歯になりやすい状態にあります。

6歳臼歯が少しでも出てきたらこれまで以上に丁寧に磨くようにして虫歯から守ってあげましょう。

フッ素で強い歯をつくろう

フッ素とは

歯の質を強くする自然元素の一部です。食品ではいちご、ほうれん草、海藻、お茶などに比較的多く含まれています。

乳歯や生え変わったばかりの永久歯は非常に柔らかくて虫歯になりやすいのですが、フッ素をくり返し塗ることで大人の歯と同等の強さにすることが出来ます。

フッ素の効果

  • 歯の質を強くする。
  • 虫歯の原因菌の働きを抑える。
  • 歯の再石灰作用を促進する。

フッ素はいつまで塗ったらよいか

歯のエナメル質は生えてから2〜3年で安定し固くなります。

乳歯が生えてから第2大臼歯(12歳臼歯)が生えそろってから2〜3年(14〜15歳くらい)まではフッ素塗布を行うとよいでしょう。

シーラントで歯を守ろう

シーラントとは

奥歯の噛み合う面の溝に歯科用の樹脂をつめて虫歯菌や食べ物のかすがたまらないようにして虫歯を防ぐ方法です。

方法

  • 歯の溝を清掃する
  • シーラント材が良く歯面につくように前処理をします
  • シーラント材を流し込み光を当てて固める。

シーラント

シーラントは歯を削らずにつめるので治療中は痛くありません。また生えたばかりの乳歯や永久歯(特に6歳臼歯)の虫歯予防に大きな効果があります。

シーラントの治療は保険適用です。

キシリトール

キシリトールは砂糖に近い甘さをもつ天然の甘味料です。白樺(シラカバ)、樫(カシ)の樹木からとれる成分で、カロリーは砂糖の75%です。

キシリトールを摂取することで得られる効果

  • プラークの減少
  • プラークの質の改善(ネバネバからサラサラへ。そのため歯ブラシで汚れが落ちやすくなる)
  • 歯の再石灰化の促進
  • 食後に摂ると虫歯の原因となる「酸」ができない

効果はどのくらい続く?

歯科用キシリトールガム

キシリトールガムの場合1日3〜5回1粒ずつ、2週間以上続ければ効果が現れます。 約3か月でお口の中の環境が変わります。

市販のキシリトールガムのほとんどはキシリトールが100%ではなく、砂糖や水あめが入っています。これを食べていたら虫歯になってしまいますよね。

歯科医院専用キシリトール100%のものであれば歯磨きの後に食べても虫歯にはなりません。

なぜ虫歯になる?

「虫歯菌」、「糖分」、「環境」、「時間」この4条件がそろうと虫歯ができる。

虫歯になる4条件

  • 糖分・・甘いものをどれくらい摂取しているか
  • 時間・・甘いものがどのくらい口の中にあるか
  • 環境(歯)・・「歯の質」、「歯の形」、「歯の並び」
  • 虫歯菌・・ミュータンス菌

歯磨きなどによって虫歯菌をきちんと減らしておけば甘いものを食べても虫歯にはなりにくいです。この4つをコントロールすることで虫歯は予防できます。

おやつは時間を決めて

虫歯になるリスクはおやつを食べるタイミングが重要です。

同じ量の砂糖でも1度に摂取する場合より、だらだらと摂取する方が虫歯のリスクは高くなります。おやつは時間を決めて1日2回までにしましょう。

規則正しく食事をすると

食べたり飲んだりすると虫歯菌が酸を出し、歯が溶けはじめます。しばらくすると唾液の力によって酸を洗い流し中和をして溶けだした歯の表面を元の状態に戻してくれます。

規則正しく食事をすると

唾液の働きによる健康ゾーンに戻る時間がしっかりあります。
危険ゾーンにいる時間が少ないので虫歯になりにくい状態になります。

食べる回数が多く砂糖を多くとると

規則正しく食事をすると

唾液の働きが間に合わず、危険ゾーンにいる時間が多くなり、虫歯になるリスクが高くなります。

だらだら食べに注意しましょう

食事と食事の間に何度もおやつを食べたり、ジュースやあめをちょこちょこと口にする「だらだら食べ」をしていると口の中は常に危険ゾーンの状態になります。

「だらだら食べ」の代表的なものとしては、お口の中に長くある「あめ」です。あっという間に虫歯になってしまいます。

このページのトップへ

いしかわ歯科オフィシャルサイト

虫歯0の子供たち

院長・スタッフ紹介

診療時間

平日 9:00-18:00
土曜 9:00-17:00
休診 水日祝 第3土曜午後

アクセス

帯広市西21条南2-26-3
0155-35-2442
詳しいアクセスはこちら

携帯サイト

携帯サイト
携帯サイト