身体に優しい歯の矯正

ビムラー矯正

ビムラー矯正とは取り外しのできる特殊な装置を使い成長・発育を利用した矯正治療のことを言います。乳歯列、混合歯列、早期永久歯列をもつ3〜12歳くらいの子供たちはまだまだ成長発育が盛んです。この時期にさまざまな特徴をもったいろいろな機能矯正装置を症例に合わせて選択し、上下顎(アゴの骨)の成長や発育、位置のコントロールを行います。成長発育を積極的に利用するので、歯だけでなく顎骨にまで影響を与え、より好ましい顔貌、安定した咬合を得ることが可能です。

<ビムラー矯正のメリット>

夜寝るときに装着

夜だけの装着で構いません(5〜8歳に始まる場合)。可能であれは昼間の2〜3時間の使用でより効果的です。食事のときは外せるので何でも食べられます。また、見た目が敏感な時期のお子様にも最適です。

矯正治療後の後戻りが少ない

成長にあわせてゆっくりとバランスをとっていくため後戻りが少ないです。

口呼吸から鼻呼吸にかわる

顎を正常な大きさへ導き、呼吸を改善することで免疫力が高まります。ぜんそく、アレルギー、アトピーなどが改善されます。

あごがしっかりして顔の改善につながる

お子様の成長、歯の成長の力を利用して矯正をします。そのため自然に歯を動かすことが出来るので顎に無理な負担がかかることもありません

虫歯になりにくい

取り外し式なのでお手入れがしやすく清潔な口腔内でいられます。それにより虫歯、歯周病になるリスクが減少します。

夜寝るときに装着する矯正装置

夜寝ているときに装着する取り外し式の矯正装置を使用します。食事中や学校に行くとき、外出時は取り外しができます。

ビムラー矯正は矯正した後の顔の感じが自然になるのが特徴です。普通の取り外しの装置の場合バネやスクリューがついていて、その力で歯を動かします。機能的矯正装置はその人の噛む力や舌の力をうまく使って歯とあごに働きかけます。歯とあごに無理な力をかけないので、他の装置を使った場合と比べると、歯だけ傾いたりするのが少なく、後戻りが起こりにくいという利点があります。

バイオネーター

バイオネーター

MUH(ムー・アプライアンス)

MUH(ムー・アプライアンス)MUH(ムー・アプライアンス)

ブラケットとワイヤー

ブラケットとワイヤー

リップバンパー

リップバンパー

矯正治療 症例

CASE1. 下顎の叢生(デコボコ)

CASE1. 下顎の叢生

CASE2. 上下前歯の叢生(歯並びがデコボコ。重なって生えている)

CASE2. 上下前歯の叢生

CASE3. 上顎前突(一般的に出っ歯と言われる。上の前歯が出っ張っている)

CASE3. 上顎前突

CASE4. 反対咬合(受け口)

CASE4. 反対咬合

このページのトップへ

いしかわ歯科オフィシャルサイト

虫歯0の子供たち

院長・スタッフ紹介

診療時間

平日 9:00-18:00
土曜 9:00-17:00
休診 水日祝 第3土曜午後

アクセス

帯広市西21条南2-26-3
0155-35-2442
詳しいアクセスはこちら

携帯サイト

携帯サイト
携帯サイト