虫歯の治療

乳歯はとても大切です

一生の中で乳歯を使う期間は約10年ですが、乳歯はこの間に子供の成長において多くの大切な役割を果たしてくれます。

よく「いずれ乳歯は抜けるものだからむし歯になっても問題ない」と考えているお母様がいらっしゃいます。
乳歯の虫歯を放置すると、あとで生えてくる永久歯が丈夫に育たなく、むし歯になりやすくなります。また、あごの発育に大きく影響したり、あとで生えてくる永久歯の歯列が悪くなる場合があります。
また、お子様のお口の状況は大人とは異なり、乳歯と永久歯の治療法は全く違います。

お子様にとってしっかりと乳歯を治療することはとても大切なことなのです。

乳歯の役割

  • 噛む
    よく噛むことはお子様の成長、発達に必要な栄養素が効率よく吸収され、脳の発達に役立つと言われています。
  • 話す
    たくさんの言葉を学ぶ幼児期は歯が健康であることで、正しくきれいな発音が可能になります。
  • 永久歯の案内役
    乳歯から永久歯に生え変わる時期には、乳歯の根は吸収されて次に生えてくる永久歯を正しい位置へ導きます。

歯医者さんは楽しいところ

治療は大人でも苦手意識を持つ方が多いと思います。大人に我慢できることでも子供にとっては大変なことです。特に小さなお子様であれば尚更のことです。

子供のころに歯科医院が怖い場所というイメージがついてしまえば子供の時はもちろん大人になってからも歯科医院に足が運びにくくなります。

そうなるとどんどん歯を守ることが難しくなります。

そうならないようにいしかわ歯科では「歯医者さんは怖い所ではなく歯医者さんは楽しい所」と思ってもらえるような楽しく来院していただける医院作りをしています。

治療が苦手なお子様へ

初めて歯科医院を訪れるお子様や治療が苦手なお子様は、まず慣れることからはじめます。

スタッフとお話しをしたり、専門用語は使わずわかりやすい言葉におきかえます。自然に少しずつ設備や歯科医師、スタッフに慣れてもらいながら進めていきます。その方があとあとの良い結果につながります。

お子様をお連れいただく前に

悪いイメージを持たせないことが何より大切です。

日頃から「言うことを聞かないと注射してもらうよ」など歯科医院に対して恐怖心や悪いイメージを与えないようにして下さい。子供のころに一度すり込まれたイメージはなかなか取り除くことは難しく大人になっても歯医者嫌いになることがあります。

治療内容を約束しないようにして下さい

来院する際、「何もしないから」「今日は見るだけ」など約束しないで下さい。それ以上のことはさせてくれない場合があります。たとえさせてくれても歯医者に対して不信感を抱くようになり次回から大変になる場合もあります。

お子様から聞かれたときは「お母さんはわからないから行ってから先生に聞いてみようね」と答えてあげてほしいと思います。

治療が終わったらたくさん褒めてあげて下さい

治療後はたくさん褒めて下さい。お父さんお母さんに褒めてもらうことはお子様にとって嬉しいことです。自信につながり「また歯医者に行こう」という気持ちになります。

このページのトップへ

いしかわ歯科オフィシャルサイト

虫歯0の子供たち

院長・スタッフ紹介

診療時間

平日 9:00-18:00
土曜 9:00-17:00
休診 水日祝 第3土曜午後

アクセス

帯広市西21条南2-26-3
0155-35-2442
詳しいアクセスはこちら

携帯サイト

携帯サイト
携帯サイト